おいしいばあばが行く! 〜土佐 文旦・生姜編〜

行って来ました 土佐へ

2002年9月、高知県土佐市に文旦・生姜の生産者Iさんを訪ねました。生産に関する頑固なまでのこだわりや、昔の思い出等様々なお話を伺い、また、畑を見せていただきました。

お宅に到着すると、「まず畑にご案内します」と、軽トラックで山の上の畑に案内してくださいました。「ここらは傾斜がきつくて、収穫したものをおろすのに一苦労なんですよ。これはモノラックといって・・・あ、これこれ、乗るものじゃないんだよ。傾斜がきついから、人間が乗っていたら転げ落ちてしまうよ(笑)

・・・あれよあれよという間に、モノラックに飛び乗る子どもたち・・・。すみません、サルのような子どもたちで(恥)。

「・・・これで収穫した柑橘を山からおろすんです」

「まずはこだわり屋(おいしいばあば)さんの専用の畑からお見せしましょう。ここは先代のこだわり屋さんに勧められた特別の農業資材を利用して、試験的に作っているところです。もちろん、有機栽培の認定も受けていますし、年々味がよくなってきているから、他も同じつくり方に変えていこうかと考えているところです」

急斜面を利用した日当たりの良い畑は、立っているのがやっとです。ここで作業をするとは・・・。

木の根元にはミツバチの巣箱、果樹の葉の間にはクモの巣、カタツムリなどの小動物がたくさんいます。

もちろんヤブ蚊もわんわんとたかってきます。一緒に連れていた子供たちは、あわてて逃げ出そうとしますが、「そのくらいのことで騒いでいたら、都会のど真ん中以外、どこにも暮らしてゆけんで」と笑われてしまいました。

「今でこそ世の中無農薬のもの、有機のものをちやほやしているが、私が無農薬で有機栽培を始めたときは、周りの人からは白い眼でみられたものです。先代のこだわり屋さんは10年以上前に有機栽培、無農薬にこだわった農作物を探してたずねてこられた。お話してみて意気に感じるところが多く、戦友のようでした。私は自分で使ってみて農薬の怖さを実感しました。もう使いたくないんです。」と。


夜は高知城の近くに宿を取りました。

少し外に出てみようと散策すると、「ひろめ市場」が目に留まりました。早速中に入ってみるとまるで縁日、なつかしいような雰囲気です。

屋台のような店がびっしり並び、好きな店で好きなものを買い、中央のテーブルに座って食べることができます。

どうやら毎日ここで集まっていると思われる地元の方も。皆さんなんとも楽しそう。

ひろめ市場内の八百屋では「ハス、一束100円」。「ハス」といえばレンコンしか思い浮かばないのですが、売っているのはどうやらハスの茎の部分です。

こういうものにはがぜん好奇心がむくむく。この店で買い物中の女性2人組に、「これ、どうやって食べるんですか?」「・・?(怪しい人?)」「私、東京の人間で、見たことないんですけど、いつも召し上がってるんですか?」「あらそうなの。(にこにこと)これは皮を剥いて、薄く切って塩もみして食べるのよ。きゅうりの浅漬けのようにね。(高知の言葉でしたが、再現できません)」と教えてくれました。翌日の夕食は自炊の予定です。なんでもためしてみたい私は早速購入。中はスポンジ状なので、みためよりずっと軽いのです。


翌日は日曜日。「折角おいでって下さるんでしたら日曜市を見て行った方がいいきに、ご案内しますよ」とIさんに勧めれられ、午前中一杯かけて、日曜市を見学することにしました。

Iさんはご夫婦でもう23年間(2002年時点)、高知城下の日曜市に毎週出店しておられるとか。「休んだのはお産のとき1回だけです」・・すごい・・・。

高知城の追手門筋沿いに、300mに渡ってびっしりと店が並んでいます。


「なんでも売ってますよ」と聞いていましたが。

金物、古道具、アクセサリー、地の野菜、果物、加工品、海のかつを、川の蟹、果ては犬や猫まで。

 

竹細工の店では、手作りのおもちゃや楽器、笛などを売っていました。子どもたちは早速「これどうやって鳴らすの?」「それは売り物だからね、吹いちゃダメだよ。吹くならこれでやってごらん」とお兄さんに手渡されたものの、ウンともスンとも。「見ててごらん」とお兄さんがきれいな鳥の声そっくりに鳴らしてみせました。「すごーい!!(尊敬のまなざし)」

Iさんに、地元の特産品や、見たことのない野菜などについていちいちたずねながら、ずっと歩いていくと、Iさんのお店がありました。「夏は売るものがなくってね、でも休みたくないんですよ。ずっと来てくれるお客さんがありますから。おたくのはおいしいって言われれば、励みになりますき」

なるほど店に出ているのはレモンとブシュカンという柑橘だけでした。

「ここいらではなんにでもブシュカンやゆずを絞って使うんです。皿盛(さわち)にも、何にでもかけます。暑いきに、すぃもん(すっぱいもの)を使うと食欲が出るでしょう」

確かに暑いです。生まれも育ちも関東、という私には、気温よりも日差しがこたえるかんじです。

そういえば街路樹も南国風。 ・・・でもなんだか変・・・よく見ると、途中から他の葉っぱになっています。ソテツ(?)にシダが寄生しているようです。珍しいので撮影しました。

昼にはIさんに別れを告げると、「きっとまたおいでってくださいね」と見送ってくださいました。お忙しい中案内してくださり、ありがとうございました。

ここで生産者訪問は終わりました。このまま家族の夏休みに突入。続きはおいしいばあばが行く!〜四万十川編へ。


この生産者の農産物を食べてみたい!
高知の培泥付き生姜

文旦

 

ほかの生産者のこと も知りたい!

お いしいばあばが行く! 〜北海道 メロン編へ GO→
おいしいば あばが行く! 〜山形 さくらんぼ編へ GO→
おい しいばあばが行く!〜山形 あちこち編へ GO→
お いしいばあばが行く! 〜茨城 米編へ GO→
おい しいばあばが行く!〜兵庫 野菜編へ GO→
おい しいばあばが行く! 〜愛媛 みかん編へ GO→
おい しいばあばが行く! 〜文旦受粉編へ GO→
おいし いばあばが行く! 〜土佐文旦・生姜編へ GO→
おいし いばあばが行く! 〜鹿児島でこぽん編へ GO→
おいしいばあば が行く! 〜石垣マンゴー編へ GO→
おいしいば あばが行く! 〜四万十川編へ(おまけ)GO→
ほかの商品 を知りたい!

山形県東根市 産「さとうにしき」
山形県東根市産「 紅秀峰」
沖縄県石垣島産「マーブルマン ゴー」
高知の泥付き「生姜 」
おいしい ばあばのお米
( C ) k o d a w a r i y a  a l l  r i g h t s  r e s e r v e d .