おいしいばあばが行く! 〜文旦受粉編〜

行って来ました 土佐へ

2003年5月、生姜や文旦の生産者、高知県のIさんを訪ねてきました。

農作業の落ち着く、連休明けに1度お会いしましょうとお約束をしていたのです。

2003年は年初に高知県で何年ぶりの積雪があり、 例年4月から5月にかけて販売している福原オレンジ・小夏が大きなダメージを受け、 販売できなくなってしまいました。

「袋をかけたりホルモン剤でも使ってれば、全滅ってことはないんだけど」

わたしも他の生産地にあたってみたり、手を尽くしましたが、納得できないものを販売するよりは、 と、代替品の販売はしませんでした。

畑の様子を見せていただき、来期にむけてお話をしてきました。 事前にお電話すると、「今文旦の受粉作業の真っ最中でね、お構いできませんが」とのこと。

以前から受粉作業を一度見てみたかったのでそのようにお話ししておきましたら、 ちゃんと私の分の花粉と、奥様の帽子ほか道具一式を用意してくださっていました。

文旦はなかなか気難しく、自家受粉(同種の花同士で受粉すること)では質のよい実を結ばないのだそうです。

そのため畑にも他の柑橘の樹を植えて蜂を飼ったりしていますが(左の写真は蜂の巣箱です)、受粉に適した時間は開花後約半日だけですので、それでは足りず、人間が手を貸して受粉させます。

 

左の写真は受粉前、真ん中が受粉中です。紅く色をつけた「小夏」の花粉を、耳掻のぽんぽんを利用した道具につけて、めしべにそっと置きます。こうやって満開の文旦の花、1つ1つに丁寧につけていきます。これを畑の樹、何本にも、そして毎日新しい花が開くたびに繰り返し作業するのです。

結局、お話は急斜面で一緒に作業をしながら、ということに。 お手伝いの皆さんとおしゃべりしながら、手だけは忙しく動かして、と、楽しく過ごしましたが・・・。 翌日足腰の筋肉痛と、ずっと腕を上げ続けていたための肩こりになってしまいました。

農作業は大変、でもデスクワークがほとんどの日常には大変な刺激になりました。 本当は、作業の様子や、産地の周辺をホームページ用に取材する、つもりだったんですけれど。

結局、受粉作業に夢中になって、写真はあまり撮れませんでした。 この花粉で、おいしい文旦になるのよ〜、とおまじないのように念じ、 作業をすること5時間、今年(2004年)は私の手で受粉した文旦が、混ざっているかも・・・。

産地の近くを流れる、仁淀川にも寄ってみるつもりでしたが、 作業を終えたらもうくたくた、あわただしく車に乗り込んで帰りました。

「もうちょっとお子さんが大きくなって、一人で泊れるようになったら、長い休みの時には私のところに寄越しなさい。自分たちが食べているものを、誰が、どうやって作っているか、都会の子は知らんでしょう。

そういうことを身近で見れば食べ物は無駄にしない、できないようになります。今の子はそういうことを知る機会がなくてかわいそうです。私らの生活にはご馳走はないけれど、勉強よりも、人間としてもっと大事なことが学べますよ。」 ・・今回の作業の合間にお話していて心に残った言葉でした。

この生産者の生姜を食べてみたい→

この生産者のことをもっと知りたい!
おいしいばあばが行く! 〜土佐文旦・生姜編へ GO→

ほかの生産者のこと も知りたい!

お いしいばあばが行く! 〜北海道 メロン編へ GO→
おいしいば あばが行く! 〜山形 さくらんぼ編へ GO→
おい しいばあばが行く!〜山形 あちこち編へ GO→
お いしいばあばが行く! 〜茨城 米編へ GO→
おい しいばあばが行く!〜兵庫 野菜編へ GO→
おい しいばあばが行く! 〜愛媛 みかん編へ GO→
おい しいばあばが行く! 〜文旦受粉編へ GO→
おいし いばあばが行く! 〜土佐文旦・生姜編へ GO→
おいし いばあばが行く! 〜鹿児島でこぽん編へ GO→
おいしいばあば が行く! 〜石垣マンゴー編へ GO→
おいしいば あばが行く! 〜四万十川編へ(おまけ)GO→

ほかの商品 を知りたい!

山形県東根市 産「さとうにしき」
山形県東根市産「 紅秀峰」
沖縄県石垣島産「マーブルマン ゴー」
高知の泥付き「生姜 」
おいしい ばあばのお米
( C ) k o d a w a r i y a  a l l  r i g h t s  r e s e r v e d .