おいしいばあばが行く! 〜兵庫 野菜畑編〜

行って来ました 篠山へ

武庫川源流に近い、山間の畑

 

本当は、黒豆枝豆が目当てだったんです。篠山地方特産の黒豆を、まだ青いうちに収穫したものが「黒豆の枝豆」。この地方で昔から作られている『丹波黒』という品種だそうですが、その昔には篠山城の青山藩の献上品に使われていたという話です。鮮度が命の枝豆、ずっと土地の人しか食べられない、「知る人ぞ知る」食べ物でした。流通が発達するにつれ全国区で有名になってきました。

収穫時期は10月の上旬から約2週間のみ、大粒で甘くてほっこり、なんて聞いたものですから、気になって気になって。

ある人から「篠山に農薬も、化学肥料も一切使わないで、おいしい黒豆枝豆を作る人がいる」と聞いて、会いに行きました。

畑で枝豆の試食をさせていただきました。ちょっとしたショックでした。うわさどおりの大粒で甘くてほっこりが目の前に。

今年(2003年)の秋は、黒豆枝豆を一体何kg食べたでしょうか。篠山の中でも産地により味も値段も随分差があります。最高といわれる川北地区のもの、その隣のもの、農協を通じた生産者不明のもの、生産者の名前のついているもの、いないもの・・・。「こんなに味が違うのか」というのが正直な感想でした。Kさんのは最高ランクの1つです。

K有機農園のKさんは、奥様と2人で野菜を作っています。阪神大震災をきっかけに、「人の役に立つことがしたい」とサラリーマンを辞めて実家の農業を継ぎ、「農薬も化学肥料も一切使わない安全な食べ物を作ることにした」のだそうです。

Kさんの畑は武庫川源流に程近い山あいにあり、おいしい湧水や、昼夜の寒暖の差が大きいなど、甘くやわらかい野菜作りの条件がそろっています。

おいしいと耳にした野菜の種や苗を全国から取り寄せ、土地にあった作物を探し続けて栽培品種を増やし、現在なんと常時40種前後。Kさんの野菜がおいしいという評判を聞いて、これまたこだわりのレストランから料理人たちが訪ねてくるようになりました。今ではレストランや料亭にもたくさん地方発送しているそうです。

 

 

しつこいようですが、また畑を見せてくださいと、11月のある日、子どもも連れて家族でKさんの農園を訪ねました。ちょうど野菜の発送作業の真っ最中、お忙しいところ失礼しました。

 

下は出荷を待つ野菜たち、もちろん朝収穫したばかりです。写真の流しで泥をおとし、品種ごとに包装して詰め合わせます。

   

(一番右の写真)これはなんですか? 「辛味大根です。今日のはみんなお蕎麦屋さんに行くことが決まってるんですよ。辛い大根おろしが薬味に人気があるって」うわー聞いただけで辛そう。

(左から2番目)間引人参、みずみずしくてやわらかそう。葉っぱもいっしょなんですね?「それもレストラン用です。葉っぱもつけてくれっていうから」

そういえば以前韓国人の友人が「なぜ日本では売るとき人参に葉がついてないんですか?ナムルにするとおいしのに手に入らない」って言ってましたっけ。

(右から2番目)「本当はこれもつけたまま送りたいけど、大根でもかぶでも、葉がついてるとどんどん根がしおれてしまうから、葉と根を別々にして送っているんですよ。」

・・・市場を通して販売される場合は、収穫当日お店に並ぶことはめったにありません。だからお店で売っているときには、大根や人参の葉は取ってしまうんでしょうね。

これは、水菜ですよね。「普通の水菜より少し大きいでしょう。辛子水菜。食べてみてください。ツーンとするから」

一枚葉をちぎって口に含むと、みずみずしい香りに続けてツーンと、きました。

 

あれこれと、ついて歩いてたずねてしまいました。「・・・そろそろこれ、送らないと・・・」

うわー、すみません!! では畑に行ってきます。外に出ると、子どもたちはKさんのお宅の子犬と夢中で遊んでいました。

 

篠山は京都府の丹波地方との境に近く、瀬戸内海と日本海のちょうど間くらいに位置します。冬は積雪もあるところです。畑はほとんどが露地なので、雪が降ったら雪をかきわけるように作業をするそうです。そんな気象条件ですから、野菜が凍結してしまうこともあります。その場合には、根のついたまま掘り起こし、1日置く場合もあります。根がついていれば、溶けて元の状態に戻るとか。生命力でしょうか。不思議です。

畑の灌水には、源流の水や地下水のほか、畑北側に小さな丘があり、そこから湧き出す水をためて使っているそうです。池の周りの細い流れにはめだかの学校が。使用する水にももちろんこだわって作られています。

 

左から順に、小松菜、大根の葉、春菊(菊菜)。収穫を待つ野菜たち。

  

 


篠山城ではつたの葉がきれいに紅葉していました。


この生産者の野菜と硝酸塩含有量について

ほかの生産者のこと も知りたい!

お いしいばあばが行く! 〜北海道 メロン編へ GO→
おいしいば あばが行く! 〜山形 さくらんぼ編へ GO→
おい しいばあばが行く!〜山形 あちこち編へ GO→
お いしいばあばが行く! 〜茨城 米編へ GO→
おい しいばあばが行く!〜兵庫 野菜編へ GO→
おい しいばあばが行く! 〜愛媛 みかん編へ GO→
おい しいばあばが行く! 〜文旦受粉編へ GO→
おいし いばあばが行く! 〜土佐文旦・生姜編へ GO→
おいし いばあばが行く! 〜鹿児島でこぽん編へ GO→
おいしいばあば が行く! 〜石垣マンゴー編へ GO→
おいしいば あばが行く! 〜四万十川編へ(おまけ)GO→

ほかの商品 を知りたい!

山形県東根市 産「さとうにしき」
山形県東根市産「 紅秀峰」
沖縄県石垣島産「マーブルマン ゴー」
高知の泥付き「生姜 」
おいしい ばあばのお米
( C ) k o d a w a r i y a  a l l  r i g h t s  r e s e r v e d .